Lino Note

ラブラドールレトリーバーLinoの成長記録
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 福島集結_1 | main | 福島集結_3 >>

福島集結_2

4日3時過ぎからぞくぞくとメンバーが集まった。レト父母娘&レトセイ&塾長(しわっ毛欠席)坊さん・主役のロコ家ともみちゃんも到着。やや遅れてキャサリン&地蔵親方・織り々さん。そして金魚親方&従業員・HAL家。

父ちゃんは蕎麦打ちでメイッパイだったらしく写真が殆ど無い。
enkai
おしながきはこちら

飲んで食べて楽しい夜は更けたのでありました。
guta


翌5日朝は坊さん、セイさんと「ほんとの空がある」という安達太良高原へ。
まずはゴンドラに乗って薬師岳を目指す。ゴンドラは子供料金で犬が乗れるそうで、「すごいね〜。ヘナチョコはゴンドラに乗れるかな〜」なんて言ってたら、それ以前に試練が待っていた。

Linoの試練は乗場まで行くクレーチング(網目鋼板)階段だった。
adatara
道のクレーチングは除けないから平気だと思ったんだけどな〜・・

イヤダイヤダするLinoを引き上げていたら折悪しく 調度良く幼稚園児御一行が一緒に階段を上り始め、引率の先生が余計なことに 親切にも「さあ、皆でワンちゃんを励ましてあげましょう」なんて言ってくれたもんだから「わんちゃんがんばれ」の大合唱の中、ヘナチョコがんばった。。。

当然のことに写真を撮る余裕なんかないわけで、↓こんな感じでありました。
adatara
園児の励ましと他の大人達の「あらまぁ・・」な視線が同じくらい痛いぞ。

やっと階段を上がったあともゴンドラの乗り降りでジタバタ。山頂駅に着いたらまた階段があってスゴスゴ。妖怪脚つかみのマンホールと踏み切り地獄並みのヘナチョコパワー炸裂。

もみちゃんは余裕です。
adatara

HALもこの歳でゴンドラ初体験するとは思わなかったろうね。
adatara

山頂駅から10分程歩くと安達太良山の手前の薬師岳に行ける。HALと母ちゃんは駅前でノンビリ待つ。下界は27°あったけど山の上は涼しくて気持ち良かった。
adatara
薬師岳山頂。どお歩いたのか知らないがLinoキチ顔が暗い。

奥に見えるのが安達太良山。
adatara
このあと再びゴンドラに乗って下山。
来るときにあったものは帰りもあるのだ。

まだ旅は続きます。
from mom | permalink | comments(9) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

朝は、のっけからこれかい。ちゅうような感じで汗かかれて大変でした、おつかれさま。さぞや、山頂の涼しさは格別、だったことでしょう。
99年秋。日本へ帰るためラブ助をクレートに入れようとしたが、踏ん張って入らない。JFKの空港前で、ぞくぞく観光バスで到着する日本人観光客の皆様の前で、これがアメリカ最後のアトラクション、と汗かいた事を思い出しました。幼稚園児のほうが素直でいい。タバコ吸いながらカメラで撮るなよ、とどれだけ言いたかったことか。
ogashige | 2007/05/08 10:05 PM
どうして保育士さん達は子供を煽るようなことを直ぐ言うんでしょうか。
川に迷い込んできたあざらしたちにも、
大声で声援を・・・もとい名前を叫びさせ、
威嚇するようなマネをしてどうする。
かわいい〜♪
だけじゃなくて、動物に対してどう接するか、
教えれば結構分かるぞ園児だって。

と言う事で、Linoっち災難でしたな。
とろりん | 2007/05/08 10:20 PM
・ogashigeさん
大きなラブ助君と格闘するogashigeさん
目に浮かぶわ  会ったことないけど(笑)。

そうそう
園児は真剣に励ましてくれますよ。
カメラ持ってないし。

・とろりんさん
たしかにあざらしはね、、「やめろ」と言いたい。
でもまぁ野生生物と飼い犬はちがうから(笑)。
あの場面でシラっと通り過ぎる子供は悲しいかもよ。
子供が苦手な犬だったらパニックでしたね〜。
HAL'S MOM | 2007/05/09 11:23 AM
園児の合唱・・・む、む、む、わらっちゃいけない。

でも・・・
実は、昔イタリアのどこか(忘れた)スキー場で、
のるのがものすごく難しいゴンドラ(2人乗り)があった。
今時の物と違って、古いタイプで、ヒトが乗る為に速度を落とす事ができないから、
乗る人は、みんな真剣に走ってしがみつかないといけない。
しかも、2人がタイミングよく走らないといけない。
っで、走っている人には、待っている人達が、みんなで声援を送るわけ。
追いつけなくて乗れなくて、空のまま去ってゆくゴンドラもある。
そうすると、待っている人達、みんなで慰め、次はがんばろう、という合唱。
あれ、思い出しました。
kuro | 2007/05/09 6:25 PM
・kuroさん
スリリングかつ心温まる雪山の情景だわ(笑)。
昔のスキー(靴も)は重かったから大変ですよね。

そういえば
あの園児達はどうやって乗ったんだろう。引率の先生も大変だわ。

もひとつそういえば
福島にフリースタイルのCDお貸ししてきました。
HAL'S MOM | 2007/05/10 9:41 AM
あ、そゆことか。。。
お、お、おどろき。
ご本人さまでしたか。(;^_^A

wmpで直接やりとりしたことはありませんが、切れ味鋭い投稿にいつも痺れておりました。
正座してCD拝見させていただきます〜m(__)m
spica | 2007/05/11 7:28 AM
・spicaさん
お名前がちがうから同一人物かなぁと思っていたのですが、そゆことかな?(笑)

正座して「くまたぱん」チビチビしながらお茶をズズ〜っと。
HAL'S MOM | 2007/05/11 11:12 AM
ん〜・・・私のことか?
いみがよく・・・

いずれにしろ、何か、昔、失礼があったらお許しを、
で、いいことにしよう。

フリースタイルのって、あの、うちのお嬢様が、
思いっきり吠えまくっているやつ?

ちなみに、私は、カチカチに凍った雪で滑り、
危うく、ゴンドラに吊るされるところを、
イタリア人の力強いお兄ちゃんスタッフの腕が抱え上げて
乗せてくれ(ゴンドラに押し込んでくれ)
無地、山頂へ行く事ができました。

っとはいえ、ああ、きになる。
kuro | 2007/05/11 5:54 PM
・kuroさん
楽しい山中湖CDとアティラのDVDををお貸ししましたん。

イタリアのお兄さんカッコイイ〜
そのゴンドラは降りる時にも当然「エイヤ」って飛び降りるんですよね・・

>っとはいえ、ああ、きになる。
失礼しました、後ほどメールします。
HAL'S MOM | 2007/05/11 8:03 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lino.jugem.jp/trackback/583
この記事に対するトラックバック
沼ノ平周辺の荒涼とした火山景観は見る者を圧倒させる。また、ガンコウラン、クロマメノキなどの高山植物を始めとし、シャクナゲ|ヤエハクサンシャクナゲ、サラサドウダン、レンゲツツジなどが咲き誇り、田中澄江著「花の百名山」に選ばれている。この火口を中心とする
山等々 | 山等々 | 2007/05/17 6:39 PM