Lino Note

ラブラドールレトリーバーLinoの成長記録
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

近況

大発作を起こさず何とかがんばってますが、最近は自力で食べられなくなりました。

本日のご飯。ミルクはシリンジ、ご飯はスプーンで食べます。

奥歯が欠歯なので、歯の無い隙間から入れる。こんなことで欠歯が役に立つとは思わなんだ。

口に残りがちなフードをミルクで流し込む。

少し量は少ないけど完食してます。

相変わらず毎日小発作を繰り返し、眼振症状が出て来たし、微熱も続いている。HALに寄り添っていた死神は「馬鹿で怠け者だ」なんてアニメにしたけど、Linoに取り付いている死神はマメで邪悪だ。でも無理だろうと思っていた9月を迎えられた。

from mom | permalink | comments(7) | -

梅雨明け

やっと晴れたのでミルフィーマットを干してLinoを半身浴した

前回半身浴させて乾かしている時に大発作が起きたのでドキドキでした。

薬の効果か大発作は2週間起きずホッとしてますが、フンフンピーピー鳴く小発作は相変わらず毎日です(前より若干軽い)。

だいたいご飯の後少し経つとフンフン言い出し、2時間くらい断続的に続く。悪い時には3〜5時間続いて、その間「大丈夫だよ〜」「落ち着け〜」「寝てくれ〜」と声かけしながら、なでたりさすったり歩かせたりオヤツやったりする。ちなみに昨夜は12;30〜3;30、一昨日の夜は19;30〜23;30と1;00〜4;30まで鳴き、突然パタっと寝た。で、あーやっと寝た。とホッとするのもつかの間、今Linoは6時間置きにご飯と薬なので、やっと寝た犬を「起きろー」「薬だけでも〜。。」と揺り起こす。てなことを毎日数度繰り返すのでありました。一昨日なんか23時過ぎまで掛かったけど、24時に深夜食だから「まーいーや。このまま起こしておこう」と思ったら寝ちゃうんだもん。上手くいかないもんです。

from mom | permalink | comments(5) | -

ミルフィーから

薬を追加してから眠りが深くなったようでいつも下にしている脇腹の毛が丸い形で薄くなっている。床ずれ予防を考えなければいけない。と朝父ちゃんがインスタに書いたら即座にミルフィーパパが連絡してくれた。

で、夕方に床ずれ防止マットを持ってパパママが来てくれた。深謝感謝深謝!1

身体が沈まない。ホントにサラサラして気持ちよい最高級品!

今までの布団はLinoが立ち上がった後に触ると熱くてじっとりしていたし、眠りの深度が上がった数日で負荷が掛かる部位が薄毛になった。床ずれは手遅れになるとすぐ出来るし、出来たら治すのに時間がかかるから「今日中に布団決めて注文して」と父ちゃんに言われたのですが、朝から小発作が続いてネット検索を出来ないでいました。

素早い対応ありがとうございました。ミルフィーへのパパママの愛をLinoが頂きます。

 

from mom | permalink | comments(12) | -

やや平穏

昨日はご心配をおかけしました。今日はやや平穏です

いつもと同じ寝ている写真ですが、実は左のベッドから自分でジワジワ体制を変えつつ移動しております。ここしばらく頭も自分で持ち上げられなかったのだから大分画期的です。

昨夜から増えた薬の効果か、震えは収まっています。ただやはり身体の中では何かが起きているらしく、突然吠えるのでびっくりする。前よりも小さな兆候を見逃さないようにせねば。

from mom | permalink | comments(2) | -

16歳3ヶ月

無事にHALの歳を超えました

ツナワタリものですが。

先週は大発作(舌が引っ込み呼吸困難)を3日連続でおこし、小発作(頭や身体を細かく震わせて鳴く。さらに進むと呼吸が荒くなり吠える)は日常茶飯事というか日常なので、獣医と相談して薬を飲ませる事にした。

この小発作が非常にやっかいで、頭の中で電波がビシビシしている、あるいは雷鳴が轟いているような感じなのか。鼻鳴きしながら目の下辺りをピクピクさせ酷い時には横になっている状態から上半身が跳ね上がり、今まで殆ど吠えなかったLinoが我慢出来ずに大声で吠えてしまう。最近は起きている時の殆どがこの状態で、撫でてもさすっても冷やしても効かないので、震えが大きくなり吠えそうだ、と思う前に部屋に敷いた滑り止めマットの上を歩かせる。

動くと少しは紛れるようだけど、歩かせるったって、もうLinoはホボ歩けないのでハーネスと腰紐をつけて18Kgのボストンバッグを運んでいるような状態。この「横になる→震える→歩く」を2時間ほど繰り返してやっと寝るのだから発作が治まったのか疲れ果てたのかわからない。

で、5日程薬を飲んだけれどあまり効果を感じられず「もう一回相談に行こうね」なんて話しながら、今朝も6時から8時半まで「横になる→震える→歩く」を繰り返し、9時頃やっと落ち着いたので、さぁ朝飯にしよう。とパンをトースターに入れた所で大発作が来た。

舌を思い入り引っぱりだして連れ戻したけど、その後はこんなにヘロヘロなのになんでこんな大声が出るんだと思う程吠え、小(大よりは小さいけど激しい)が間断なく1時まで続いた。長かった。。

獣医の話では薬の効果が顕われるのはまだ少し先らしいが、薬がもう一つ増えた。歳を取ったLinoは手術をした脚が痛くなるのではないかという危惧はズ〜っとあったけど、今みたいな状態は考えもしなかった。ただぼんやりとした穏やかな時間を過ごさせてあげたい。

from mom | permalink | comments(5) | -

今日の夕飯

いつも寝たきりの写真と死にかけの記事ですが

ちゃんと立って食べてます。今夜はドライフードと鮭とカブの葉。

殆ど前足だけで身体を支えているので凄い肩マッチョ。

食餌後半、徐々に腰が落ちてへたり込み右に傾いて行く。

最後のミルクはブフブフと鼻を押し付けて中々飲み終わらずホボ寝飲み。

ブフブフする犬に「溺れちゃうぞー寝るなー」と声をかける。ゆっくり食べさせたいけど疲れないうちに食べ終わらせる加減がむずかしい。

from mom | permalink | comments(3) | -

半身浴

父ちゃんが出かけている間に半身浴して玄関前で乾燥

最近いつも左側を上にして寝て、たまに寝返りをうたせようとすると激しく嫌がる。まだ辛うじて歩けるので床ずれは出来ないけどチョイ心配。

朝からピヨピヨ落ち着かなかったのに気持ち良さそうに寝てる。

父ちゃんが帰って来たので見守りを交代してトイレに行ったら外から父ちゃんの大声が聞こえた。四度目の発作でした〜(泣)。

今回も大声で名前を呼んだり叩いたりゆすったりタオルを口に突っ込んだり、NGだということ散々して復活。

呼吸が安定したのでエアコンつけて部屋で休ませ、しばらくして昼餌等与えたけど、三時間程ピヨピヨフンフン落ち着かず、家の中を歩かせたり軽い散歩をして、激しく嫌がっていた右側を上にしてやっと寝た。静かに寝れば寝たで「死んでない?」と心配で呼吸を確かめてしまう。

ちなみに昼餌もおやつもガッツリ食いついて完食。

from mom | permalink | comments(4) | -

蒸し暑い

先日カートデビューで会えなかった酒屋の若奥さんにリベンジ

声をかけたらすぐに出て来てくれて

久しぶりにグリグリなでられた。父母も久しぶりに角打ちで外飲み一杯。

今日は尿検査と狂犬病で久しぶりの獣医

父ちゃんのお迎え車を地べたで待ってます。

体重は変化無し。尿も健康状態も全て年並でまぁまぁな所見。先日の舌根沈下(?)の発作の話をしたら、「喉頭痙攣だね。また来るかもね」と言われた。ですよね〜。。

帰宅後昼間はエアコンをつけて休ませ、夕方は涼しくなったのでエアコンを消して半開きの玄関前に布団を敷いて寝かせ、晩酌しながら「気持ち良さそうに寝てるね〜」なーんて言ってたら発作来ました。今日来たか。来るかもと思っていたので前回よりは慌てなかったけどやっぱり焦る。前回よりは軽かったか処置が早かったかで、Linoも早めに落ち着きました。

ところで、喉頭痙攣と言われたのでネットで検索してみたところ

「痙攣発作が起きた時に注意すべき飼い主のNG行動」

・からだを起こしたり、揺らしたりしない

・大きな声で名前を呼ぶなど、大きな音で犬を刺激しない

・犬の口にタオルを挟もうとしない

(^▽^;)全部やりましたがな。やるだろ。やらいでか。

で、Linoのはやっぱり痙攣ではなく舌根沈下のほうが近いと思った。

from mom | permalink | comments(4) | -

Lino号カート

姉がカートをプレゼントしてくれた

ジャストフィット。クッション等で底上げしてアイスノンも積んで近所のチビ公園へ。

公園は木陰があるけど、道中は暑かったらしい。

水を掛けてやったら非常に迷惑そうだった。次はもっと早い時間に行こう。

ちょっとは歩いたんだけど写真撮れなくて残念。側の酒屋の奥さんがLinoを可愛がってくれるので、久しぶりに顔を見せようと思ったのに不在でこれまた残念。

from mom | permalink | comments(4) | -

休みの朝

朝餌のあとベッドで寝ていたのだが、急にジタバタし、立ちたいのかな、と手伝おうとしたら首を反らせて痙攣し始めた。

吐いた朝餌を喉に詰まらせたと思い、慌てて「Lino!Lino!」と叫んで父ちゃんと抱きかかえ背中をバンバン叩いたり、口に指(タオルで巻いて)を突っ込んだりした。

なかなか回復せず「行くな」「戻ってこい」と叩いたり揺すったりしてやっとこ呼吸が落ち着いた。二人が揃っている時で良かった。

嘔吐物はなく舌が気道をふさいだ感じだった。rentao母さんから「舌根沈下」という言葉を聞き、あぁそんなことがあるのか。と思った。その後はあまり落ち着かず、今日は起きている時はず〜っとフンフン啼いている。

もういつ逝ってもおかしくない歳だけど、16年も一緒に暮らしてこんな事故みたいな状態で苦しみながら死ぬのを見るのはいやだ。

12年ぶりに死神さんにお願いする「その時は静かにそっと連れてってください」。

from mom | permalink | comments(8) | -